レディ

大事なデータを救い出してくれるデータレスキューの業者

オンラインでデータ保存

ネットワーク

万が一のPC紛失に備える

仕事で必要なデータをPCやUSBなどに保存していたとしても、盗難や紛失、さらには災害ですべて燃えてしまうと、データも無くなってしまいます。そういった時でも、データを無くさずに済むための選択肢が、クラウドでデータのバックアップを取る方法です。クラウドによるデータのバックアップは、パソコン上に保存するのではなく、オンライン上に保存することになります。万が一の火事でパソコンが燃えてしまっても、オンライン上にあるデータは影響を受けることはありません。またクラウドでデータを保存することで、他の方とデータ共有がしやすくなるのも1つの手です。社内で共有のクラウドを利用すれば、上司や同僚と同じデータを共有で管理しやすくなります。

データ容量に注意しよう

実際にクラウドでデータのバックアップを行う場合、1つ注意しなければならない点があります。それが、バックアップとして保存しておけるデータの容量です。データの保存サービスを利用するといっても、無限にデータが保存できるわけではありません。特に重いファイルと保存すると、あっという間に容量がいっぱいになってしまいます。保存容量が多いほど、クラウドの利用料金も高くなるので、どのデータを保存するか容量にも注意しましょう。保存サービスの利用料金は、業務における経費に大きく影響します。大切なデータを待漏れても、経費が高くなって困ることが無いように、経費と必要なデータのバランスを考えて、バックアップを行うことが大切です。